FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭のシンボル

20180223160800d97.jpeg


先日、俳優の大杉漣さんが逝去されました。
あまりに急な訃報に、私も耳を疑いました。
私の父より2歳も若い、享年66歳。


もしいま、
父がこの世を去ったらどう思うのだろう。

これまでこれといって、息子らしいことが
できなかったことを悔いるんでしょうか。

それとも、
感謝の気持ちでいっぱいになるんでしょうか。

そのときは色んな感情が交錯すると思います。
改めて大杉さんの件で色々と考えさせらました。









本日は、福岡県は糟屋郡にある宇美町、
そちらの戸建て住宅の玄関付近にある
モッコクの木を別の種類の木へ
植え替える作業です。


2018022316235875e.jpeg




201802231624010f3.jpeg

いま植わっているモッコクの木は、
庭木の定番中の定番といわれる木で、
江戸五木といわれ、江戸時代に
江戸で重視された造園木です。

ちなみに江戸五木とは、
・モッコク
・アカマツ
・イトヒバ
・カヤ
・イヌマキ
のことをいいます。

モッコクは端正な樹形が美しく、
生長が遅く手入れが少なくすむことが
好まれる理由ですが、
防火性、耐火性に優れ、
建材に使うと燃えにくく、
庭に植えると火の粉を遮って飛び火を防ぐ
効果もあります。


ですが、イイことばかりではなく、
病気になりやすかったり、
虫に喰われやすいといった
デメリットもあります。



今回は、モッコクを抜いて
常緑ヤマボウシを植えます。

花のような総苞片が美しく、
庭のシンボルツリーとしても人気の高い
ヤマボウシ。

ヤマボウシは落葉樹ですが、
常緑ヤマボウシはその名の通り、
1年中葉が茂っている常緑樹です。

そして、この常緑ヤマボウシは
最近生まれた種類で、
一般に流通している数は少ない、
珍しい樹木です。


20180223162401859.jpeg

まずは、古いモッコクを抜いて、
そこに常緑ヤマボウシを植えます。

20180223162404f71.jpeg

全て覆うように、土を入れていきます。


20180223162404657.jpeg

201802231624077ae.jpeg


ある程度入れたら、
さらに園芸用の土を入れます。

20180223162407ea2.jpeg

201802231624091fa.jpeg

2018022316241371f.jpeg



雨水で土が流れて崩れないよう、
土台をしっかりと造り、手慣らしします。

2018022316241282e.jpeg

20180223162415fe8.jpeg

201802231624188da.jpeg



1本終わると、2本目も丁寧に。

20180223162418668.jpeg



仕上げまで完璧に行い、
庭も生まれ変わりました!


20180223162420520.jpeg

20180223162421173.jpeg



この、2本の常緑ヤマボウシくんには、
お宅のシンボルとして、
いつまでも元気にいてほしいです😊



お問い合わせはこちら

宮原福樹園は、長年地元福岡のお客様に緑豊かなお庭をお届けして参りました。
ただ庭をつくるのではなく、住まいとお庭、そして地域風土と住環境全体を調和させ、 季節ごとに楽しめる豊かな庭づくりをモットーとして行っております。

  • 宮原福樹園
  • 芝生の手入れと年間管理専門店
  • 駐車場(車庫)増設工事費用福岡周辺相談所
  • 福岡の雑草対策相談所
  • 福岡の空家のお庭管理
プロフィール

kobuta0321

Author:kobuta0321
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
会社概要
宮原福樹園
〒818-0134 福岡県太宰府市大佐野2-14-18
TEL:0120-976-187/FAX:092-918-6735
営業時間:月~土(8:00~17:00)
定休日:日曜・祝日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。