fc2ブログ

七五三

11月は七五三の時期ですね。
写真は前撮りでとってある方が多いようです。
うちも去年、夏に撮りました。
今年はうちの子供たちは七五三ではないんですが、甥っ子が5歳なのでお祝いを送りました。
今は可愛いお祝い袋がたくさんあります。
今回はこれにしてみました。↓
DVC00076_20131030103755463.jpg
千歳飴の袋みたいです。

ついこういう可愛い袋を見ると買ってしまいます。
ポチ袋もかわいいですね~。
子供にあげるのがもったいないぐらい。
子供たちはキャラクターの袋の方が喜びます。
なんと自分でお気に入りのポチ袋買ってこれに入れてちょうだい。と言われたことも・・・・

電車好きな甥っ子なのでトーマスの袋にお菓子を詰めてお祝いを送りました。
DVC00077_20131030103757342.jpg

七五三(しちごさん)とは、11月15日に7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う日本の年中行事。
現在では全国で盛んに行われていますが、元来は関東圏における地方風俗だったみたいです。

数え年3歳(満年齢2歳になる年)を「髪置きの儀」とし、男女とも行う。
江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了する儀。

数え年5歳(満年齢4歳になる年)を「袴儀」とし、男の子が行う。
男子が袴を着用し始める儀。

数え年7歳(満年齢6歳になる年)を「帯解きの儀」とし、女の子が行う。
女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀。 

現在は満年齢でお祝いすることも多いですね。

実は去年、年齢によって呼び名(由来)が違うことを知りました。
日本にはたくさんの年中行事があります。
一つ一つに意味があり、願いが込められていることを知りました。

少しずつですが子供たちにも伝えていきたいと思ています。

七五三と言えば、千歳飴(ちとせあめ)。
千歳飴は、親が自らの子に長寿の願いを込めて、細く長くなっており縁起が良いとされる紅白それぞれの色で着色されている。
千歳飴は、鶴亀(つるかめ)や松竹梅などの縁起の良い図案の描かれた千歳飴袋に入れられている。

子供の頃は千歳飴苦手でした。でも親の願いが込められていたんですね。

去年天満宮にお参りにいきました。11月はたくさんの人で賑やかでしたよ。

太宰府天満宮は、祝い袋にお守り、昔遊びセットなどが入っていて、2年ごとに一部を替えて同じものにならないようにしているそうですよ。祈願料も含め1人5000円。

神社・寺によって金額は違いますが、祈願料は3000円~5000円が相場だそうです。

11月はお天気恵まれるといいですね♪

子供たちの健康を祈って・・・

宮原福樹園は、長年地元福岡のお客様に緑豊かなお庭をお届けして参りました。
ただ庭をつくるのではなく、住まいとお庭、そして地域風土と住環境全体を調和させ、 季節ごとに楽しめる豊かな庭づくりをモットーとして行っております。

  • 宮原福樹園
  • 芝生の手入れと年間管理専門店
  • 駐車場(車庫)増設工事費用福岡周辺相談所
  • 福岡の雑草対策相談所
  • 福岡の空家のお庭管理
プロフィール

kobuta0321

Author:kobuta0321
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
会社概要
宮原福樹園
〒818-0134 福岡県太宰府市大佐野2-14-18
TEL:0120-976-187/FAX:092-918-6735
営業時間:月~土(8:00~17:00)
定休日:日曜・祝日